このサイトでは、質屋を利用するにあたっての詳しい情報が解説されています。
リサイクルショップとの違い、また使われるルーペの意味について等、基本的な知識から、査定だけの利用でもいいのか?といった初心者の疑問にもお答えしています。
色々と査定を希望されるアイテムがあると思われますが、特に取引の多い結婚指輪の買取・質預かり相場、ゲーム機本体の買取・質預かり相場等については詳しく把握して頂くことが出来るでしょう。

質屋とリサイクルショップの違いを解説

質屋とリサイクルショップの違いを解説 質屋とリサイクルショップ、同じような品物の売買取引を行っているイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実は違いがあります。
大きな違いとして、質屋では品物を担保としてお金を融資する営業許可を取得しています。
お金を借りることが出来るのです。
しかし、リサイクルショップショップではそのような事は出来ません。
品物の売買のみになります。
また、質屋のほうが歴史も長く、鎌倉時代から既に存在していたと言われています。
現代では店舗数も減少傾向にありますが、特徴的なシステムで品物の取引を行っているので、利用の際は間違えてしまわないように気を付けましょう。
質預かりから質流れ品になったものは、店舗やデパート等でも販売されているので足を運んでみるのも面白いものです。

質屋に行く時に必要なものを知っておきたい

質屋に行く時に必要なものを知っておきたい 月末のお給料日前に、数万円程度のお金が足りなくなることがあります。
アルバイトや派遣、フリーターなどで雇用が安定していないと、銀行や消費者金融の審査に通らないことが多いです。
質屋は高級ブランド品や貴金属などの商品を、質入れすることで融資を受けることが出来ます。
質屋で必要なものは本人確認をするための、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明書が必要です。
身分証明書は忘れないように、前日に用意をしておきましょう。
質屋では担保に入れるための楽器やブランド品、金やプラチナなどの貴金属などの商品が必要です。
お店では経験豊富なスタッフが在籍をしているので、商品の価値に応じたお金を借りることが出来ます。
キャッシングやカードローンを利用するのは、抵抗を感じている人には質屋がお勧めです。
事前に電話などで問い合わせをしておくと、来店時に必要なものを教えてくれます。
質屋では元金にプラスして利子を支払う必要がありますが、支払い期日までにお金を返すことが出来ると、質入れした商品を取り戻すことが出来ます。
雇用が不安定な人や専業主婦、年金受給者なども利用出来るので、まずはスタッフに査定を依頼することが大事です。

質屋での借り入れは銀行での融資とはどのような点が異なるのか

そう遠くないうちにまとまったお金が必要となったときにとれる方法に、質屋を利用する方法と銀行から融資を受ける方法があります。
これらはお金を借り入れることができるという点では一緒ですが、仕組みは全く異なります。
質屋からのお金の借り入れは、所有している物を預けるかわりに、その物の価値に見合ったお金を貸すというものです。
指定された期日までに元金と利息を合わせたお金を用意して、質札を添えて店に提出すれば、預けた物を取り戻すことができます。
期日までに返済できなかった場合は質流れとなり、所有権は強制的に店側に移り、客側から見れば品物が買い取られた形になります。
これに対して、銀行からの融資では、事業者の弁済能力や信用情報、担保物件などの要素をもとに、申し出た資金の全額もしくはそれに近い金額を貸し出します。
期日までに返済が必要な点は質屋と同じですが、借入額が大きいため何度かに分けて返済を行います。
通常は不動産などを担保として提供しますが、条件次第では担保なしでも借りられる場合があります。
期日までに返せなかった場合、債務整理を実施しなければ、最悪の場合担保物件を失ったり、事業の継続ができなくなります。

質屋の質預かりと買取の仕組みの違いは所有権の所在

質屋が品物を質にしてお金を貸す仕組みを質預かりといいますが、金融機関の融資との違いはお金を貸す際に借入れ状況や貸し倒れなど個人の信用情報を問題にしない点です。
質屋に質入れすることで価値に見合った対価を融資してもらうことができ、所定期間内に借りたお金と金利や保管手数料を払えば品物は戻ってきます。
追加で利息を払えば質入れの期間を延長することもできますが、所定期間内に利息を支払わなかったり借りたお金の返済が難しいときは質流れといって品物の所有権が質屋に移ります。
所有権が移った段階で個人とのお金の貸し借りに関わる契約が終了するので返済の必要はなくなり、金融機関のように催促されることもないです。
質屋では質入れの他に買取もしています。買取専門店と同じで持ち込んだ品物を鑑定することで相応の対価を現金で得ることができる仕組みです。
価格変動しやすい物は質入れより高額を手にできることもありますが、所有権が移るので品物が手元に戻ることはないです。

犯罪防止としての質屋の本人確認書類について

昔から質屋といえば、その暖簾をくぐるのにはとても敷居の高く勇気のいるものでした。人目を忍んでこっそり、というイメージはもはや現代にはまったくありません。
不用品売買をはじめ、いらなくなった生活物品を売ったり買ったり、誰でも自由に人目を気にすることなくできるようになったのは時代背景ではないでしょうか。
犯罪防止において本人確認書類の提出は必須となっています。
これは、業界の共通事項でもあり、免許証や健康保険証などを提示し確認しますが、写真が付いている公的な証明書でも大丈夫な場合があります。不用品売買を扱う質屋は、盗品などが相変わらず持ち込まれ売却される例が後を絶たないため、本人確認はどこのお店も徹底されていることと思います。
本人確認書類は、銀行などに口座開設されるときにも必要になりますが、個人情報などの管理は質屋業界で徹底されて漏洩などの心配はありません。安心して提示又はコピーを渡しても大丈夫です。

質屋で査定を受けるなら必ず持っていきたい付属品

時計やバッグなどのブランド品を新品で購入したときには、ギャランティカードや外箱などの付属品があります。 こうしたアイテムは箱を開けたら不要になるので、すぐに処分をしてしまうかもしれません。
しかし処分をしてしまうと将来売却をしたくなったときに、損をする可能性があるので注意しなければいけません。 質屋でブランド品の査定を受けるときも、必ず新品の購入時に付属していたアイテムを持っていきましょう。
ギャランティカードがあると持ち込んだブランド品が正規品であると証明できるので、質屋は必ず買取をしてくれますし、査定額のアップも期待できます。 また外箱も同じように査定額のアップに繋げることができるので、重要なアイテムになります。
査定時に付属品をすべて持っていくのは、ブランド物に限らず不要品の買取では当たり前のテクニックです。 質屋の査定でも重要視されるポイントなので、高く売りたいなら大切に保管し一緒に持っていってください。

買取専門店と上手に使い分けをしたい質屋の賢い使い方

質屋には、買取専門店にはない質入れというシステムがあります。 そのため買取専門店とは違った使い方ができるので、お得に不用品を処分したいときには使い分けるのがおすすめです。
最近の質屋は質入れだけではなく、買取専門店と同じように買取もできます。 買取と質入れの違いは、預けた品物が手元に帰ってくるかどうかです。
買取は他店と同じように査定を受け取引が成立したら、持ち込んだ品物と現金を引き換えます。 取引が成立した時点で品物の所有権は店舗側に移動するので、基本的には取り返すことはできません。
しかし質入れは品物を担保にお金を借りるシステムなので、定められた期間内にお金を返せば取り戻すことができます。 ここが質屋と買取専門店の大きな違いで、使い方次第では非常に便利です。
たとえば給料日前などに緊急でお金が欲しくなったとき、質屋をうまく活用すればブランド品などを担保に一時的にお金を借りて、給料をもらい次第返済すれば取り返せるので上手に使い分けましょう。

おすすめの質屋情報サイト

名古屋にある質屋